Satsuki Laboratory's blog

===============
ようこそ♪
和光大学現代人間学部身体環境共生学科大橋さつき研究室の活動報告ブログです。

「ムーブメント教育・療法」や「ダンスパフォーマンスプロジェクトMerryZome(メリーゾム)」、
研究室、ゼミ生の活動をお伝えしています。

================
About us
↓  Homepage of Satsuki Laboratory ↓ ↓ 和光大学大橋さつき研究室公式HPへ ↓ 

 


〒195-8585 東京都町田市金井町2160
和光大学現代人間学部身体環境共生学科
大橋さつき研究室  (G棟3階313)
Tel : 044-989-7777 +4313
qrcode
  • 遊びを生み出すアセスメント〜MEPA-Rの活用〜
    大橋さつき (01/16)
  • 遊びを生み出すアセスメント〜MEPA-Rの活用〜
    狩野和哉 (01/16)
  • 七夕の世界で遊ぼう!〜岡上こども文化センター親子ムーブメント出戻り版〜
    さ (08/14)
  • 七夕の世界で遊ぼう!〜岡上こども文化センター親子ムーブメント出戻り版〜
    虹の子の森 (08/14)
  • 遊び種〜たんぽっぽ〜 「学生ボランティア団体」表彰式のご報告
    さ (02/22)
  • 遊び種〜たんぽっぽ〜 「学生ボランティア団体」表彰式のご報告
    森正人 (02/22)
  • 森の探険〜公立保育園を拠点とした子育て支援としての遊び活動〜
    さつき (10/10)
  • 森の探険〜公立保育園を拠点とした子育て支援としての遊び活動〜
    重松 (10/10)
  • 遊びがいっぱいの大きな家(乳児院での遊び活動支援)
    さつき (07/17)
  • 遊びがいっぱいの大きな家(乳児院での遊び活動支援)
    虹の子の森 (07/16)

一定期間更新がないため広告を表示しています

 ムーブメント教育・療法の研究、実践に取り組んでいる和光大学の学生グループ

 「遊び種(あそびぐさ)〜たんぽっぽ〜」 が、

 財団法人・学生サポートセンター平成24年度第10回「学生ボランティア団体」助成金に採択され、支援をいただくことに なりました。

  平成24年度(第10回)学生ボランティア団体支援先一覧掲載 

(財)学生サポートセンターは学生の生活にかかわる各種の支援事業活動を通じて、心や人間性の充実した学生生活の実現を推進し、以て、日本の 高等教育の振興に寄与することを目的としています。
 他者への「おもいやり」は社会生活の基本と位置付けるとともに、学生のボランティア活動を社会参加の第一歩と位置付け、「自由な発想と行動力」によって、社会貢献を計画・実行している学生の団体を対象に、団体組織の活性化やネットワーク作りなどを経済的に支援し、社会貢献活動を応援し、併せて学生のリーダーシップの涵養と育成の効果を期待して、毎年全国で50団体程を選んでいます。

   和光大学「遊び種〜たんぽっぽ〜」は、地域と連携を深めながら、遊びの場づくりに貢献してきました。これまでの活動を評価していただき、「地域連携(交流)」の分野で、支援先団体に採択されました。
  
 代表的な活動としては・・・、

  *「さがまちコンソーシアム大学」学生講師企画 
     みんなでつくろう!ドラマムーブメント わたげちゃん光と水の冒険
     →過去の関連記事はコチラ

  *岡上こども文化センター内 出張親子ムーブメント
     →過去の関連記事はコチラ

 などがあります。


 表彰式が来週、開催される予定ですので、また改めてご報告します。

 助成金で、これまでの活動の報告書を作成するそうです♪

 学生達の自由な活動を支えてくださるみなさまに、あらためて、感謝の気持ちをお伝えします。
 ありがとうございました。 

 和光大学の学生たちによるムーブメント教育・療法の研究活動グループ「遊び種(あそびぐさ)〜たんぽっぽ〜」が大学近くの児童館「岡上こども文化センター」と協力して企画運営する、親子ムーブメント教室、12月のテーマは、「絵本の世界であそぼう!」

 先々週、チラシを作っていた段階では、「で、何の絵本で遊ぶの?」って聞いたら、「それはまだ決まってませ〜ん」・・・で、マジぃ?おいおい、大丈夫かいな・・・と思っていたのですが、

 先日の話合いで、松谷みよこの「のせてのせて」 に決まりました!

 げんちゃんが、よだれでべろべろになるまで読んだというお気に入りの絵本だそうで、その面白さを力説していました。

 他にも候補の絵本が出て、それぞれに、幼い頃に好きだった絵本についてその魅力を語り合って、そこからどんな遊びに発展するか話し合っていました。


 和光大学岡上出張親子ムーブメント教室
 絵本の世界であそぼう!〜「のせてのせて」〜
 日時:2012年12月8日(土) 10:00〜12:00
 場所:岡上こども文化センター
 対象:未就学児とその保護者
 持ち物:飲み物とタオル等。
  動きやすい服装でご参加ください。

**********

 一週間前にやっと題材になる絵本が決まる・・・って、運営的には、ちょっと焦りますが、学生たちには、この無駄なような時間がずごく大事なんだと思います。

 遊びの場づくりのために自らの遊び心を呼び起こして、「遊ぶ主体」になっていく取り組みを自然にやってるんだろうな〜と。

 これだけ楽しく絵本について語りあったんだから、まぁ、なんとかなるっしょ♪って思ってしまいます。

 学生たちが「ワクワクしてきた」と言ったら、もう、大丈夫です。

 見守る私の方も胆力がついただけかもしれませんが・・・。
和光の学生たちの感化されて、根拠のない自信を持つようになってしまいました

 そういえば、小林芳文先生が、まだ和光大学に着任する前の2005年に実施したシンポジウムで、当時の学生たちの様子と実施したプログラムについて、

「和光大のムーブメント教室は新鮮」と評してくださり、特に、学生達の活躍については、「学生達が子ども達のために『創造的なプログラム』を考え準備する過程で、彼ら自身も創造的な活動に入っており、それらが力となって場を盛り上げるのだろうと述べてくださいました。

  詳しくは・・・
   和光大学「東西南北2006」
    「『からだ』から『障害児・家族・地域』の支援を考える」報告(pdf/54kb)

 
 そんな営みが、今もこうして、続いています。

 学生たちと親子の皆さんと支えてくださる方々に感謝です

 次の教室も、楽しい遊びの場になりますように・・・
***********

<追記>

先月の岡上こども文化センター和光大学親子ムーブメント教室『親子であそぼう!ジャングル大冒険』は、出戻り型で、和光大学の体育館とグラウンドで遊びました。




この写真から、別の遊びが発生してしまいました・・・。ふふふ。
こちらも覗いてみてください  ↓
 和光大学身体環境共生学科facebookページ 「キャンパスを楽しもう!」

  学生達の研究グループ「遊び種(あそびぐさ)〜たんぽっぽ〜」が担当させていただいている、岡上こども文化センターの出張親子ムーブメント教室ですが、11月は、大学内の施設の活用ということで、出戻り(?)版です・・・。

 和光大学岡上出張親子ムーブメント教室
 親子であそぼう! ジャングル大冒険

 日時:2012年10月10日(土) 10:00〜12:00
 場所:和光大学体育館パレストラ1F アリーナ
 対象:未就学児とその保護者
 持ち物:飲み物とタオル等。 
  動きやすい服装でご参加ください。

 
 岡上こども文化センターでの出張型の取り組みについては、以下の記事もご参照ください。

 ■楽しい一日でした。岡上こども文化センタームーブメント教室の活動紹介(2010/11/3)
 ■すっかりリーダー♪ 岡上こども文化センタームーブメント教室の様子(2011/2/2)
 ■遊びは生活の中に(2011/3/4)
 ■花を咲かせよう〜岡上こ文ムーブメント教室4月〜(2011/6/2)
 ■7月岡上こ文親子ムーブメント教室(2011/7/2)
 ■岡上こ文ムーブメント★ハロウィン(2011/11/24)
 ■岡上こ文「出戻り(?)」ムーブメント教室−青空の下で遊ぼう!活動報告−(2012/7/13)









 2010年度から学生達が和光大学のご近所、岡上こども文化センターで、親子ムーブメント教室を月1のペースで担当させていただいています。 

 和光大学 遊び種(あそびぐさ)たんぽっぽによる「出張型」和光親子ムーブメント教室・・・という設定なのですが、 年間スケジュールの中で、1,2回は、大学の施設環境を活用したプログラムが展開されています。

 「出張型」が大学に戻ってくる・・・???、パターンです。

 地域の家族や施設スタッフの皆さんが「あぁ、今月は大学か・・・」と気軽な気持ちで、行ったり来たりの展開ができるのも「ご近所」ならでは・・・かもしれません。

 遊びは生活の中で・・・無理なく、自然に・・・が大切。和光大学という施設環境が生活圏にある岡上の家族と学生達の取り組みはとても興味深いと感じています。

 (過去のダンス室を活用した出戻り式の教室の活動報告はコチラの記事をご参照ください。)

  okagamichirasi6.jpg 282279_197573960370509_585078621_n.jpg

 そして、今年度は、第一グラウンドの芝生化!魅力的な環境と学生達は狙っておりまして・・・。
 先月6月9日の教室は「青空の下で遊ぼう!」と題して、広い芝生の上で何ができるか、色々と考えて準備していたようですが、残念ながら、お天気は雨・・・
20120609_112643.jpg
 体育館アリーナでの雨天用プログラムとなりました。

 サーキットプログラムで思い切り遊んだ後、青い透き通る布の上に白の風船がふわりふわり・・・。

 わぁ〜っと子ども達の笑顔がこぼれ、寝っ転がって、体育館の照明の下、雲みたいな風船に手を伸ばしていました。

 残念ながら、芝生の上でごろんごろんはできなかったけれど、「青空の下で遊ぼう!」は叶ったかもしれません・・・。

 20120609_113627.jpg

20120609_113435.jpg

20120703142418.jpg 今月は7月14日、通常の出張型で岡上こども文化センターでの実施になります。

 「夏祭り」をテーマに考案中のようで、今日もゼミ室に集まって、あれやこれやと話して遊びながら準備していました。

 新リーダーのりょうちゃん・・・、風船で「金魚」を創ったようですが、「てるてる坊主にしか見えない・・・」と、皆に即却下されておりました・・・。
 当日は、かわいい金魚が子ども達を迎えますように・・。

 岡上こども文化センター「おかがみ つどいの広場」
  和光大学出張型親子ムーブメント教室 「夏祭りで遊ぼう!」
 2012年7月14日(土) 10:00〜12:00 
 




 今日は、岡上こども文化センターで月に1回学生達が担当している親子ムーブメント教室の日でした。
 先月は息子達が風邪でお休みしてしまったので、久しぶりにセンターの職員の方へのご挨拶も兼ねて、参加してきました。
 私が到着したときには、学生達がしっかり準備を終え、スタッフの方にあったかいお茶をいただいて子ども達が来るのを待っていました。

 今日のプログラムは、「手袋と雪で遊ぼう!」。子ども達がひとりひとり好きな手袋をして、同じ色の手形ペッタンにタッチ。手袋と同じ色のスカーフを持つ学生にもタッチ!・・・といった始まりのプログラムです。
 

 フリームーブメントのときは、ムーブメントの風景として、たくさんタッチしたくなる環境ができあがっていましたが、私の頭くらいの高さに「足型」のペッタンがあり、「ねぇ、これちょっと無理じゃない?」って言ってしまったら、学生が「えっ?大人が抱っこすればいいじゃん!」って、笑顔で答えられてしまいました。
 ・・・そ、そうね、そのとおりです・・・。関わりが自然に生まれるいい環境です・・・。ぐぅぅ、自分の頭が固くなっていたようで、そんなこと口走ってしまった自分に、ちょっとショック・・・


 お名前呼びでは、リーダーのナツに子ども達が吸い寄せられるように前に出て、笑顔でお返事していました。
 
 学生が自分達で足元から始めたムーブメントの実践。一ヶ月ごとに見る子ども達の成長を実感していると嬉しそうに語る彼らの成長を私も嬉しく実感したのでした。

 しかし、今年の学生達のムーブメント活動も忙しいスケジュールでよくやりました・・・。残すは、来月、岡上の子ども達を大学に招待して行う「光とあそぼう!」の回のみです・・・。
 あっ、違った・・・、もう一つ、地域の乳児院への出張ムーブメントも決まったところでした。私も忙しいけど、学生達のパワーに救われます。地域との連携の中で育み合う場ができてきて嬉しいです。

 岡上こども文化センター 親子ムーブメント教室 
  スペシャルプログラム「光とあそぼう!」in 和光大学

 日時:2011年3月2日(水) 10:00〜12:00
 場所:和光大学体育館パレストラ1階ダンス演習室

 今年度のつながりに感謝を込めて、岡上こども文化センターに集まる子ども達を和光大学に招待して、照明機材を活かしたファンタジックな世界で一緒に遊びます!
 

  11月3日は、和光大学から歩いてすぐのところにある「岡上こども文化センター」で開催されたムーブメント教室に参加してきました。

私が産休中に学生達が主体的に始めた地域と連携した子育て支援活動で夏前から月1回のペースで開催してきたようですが、遅ればせながら私は初めての参加となりました。

 「紅葉」をテーマに秋のイメージたっぷりのクリエイティブなムーブメントプログラムでした。

赤や黄色の色紙を使ったちぎり絵で皆で山の景色を創ったり、枯れ葉に見立てた新聞紙では触感覚をたくさん刺激したり、たくさんの楽しい遊びを体験しました。

(プログラムの詳しい解説は、学生達の報告を待ちましょう…。嬉しい悲鳴で、最近は色々なところからお声がかかり、たくさんの実践をやらせてもらっているようですが、なかなか報告が追いつきませんねぇ…。そろそろ、今年度の研究のまとめにむけて動き出す季節です。共にぐぁんばりましょう…
 出入り自由の児童館方式が基本のようで、直前まで参加人数が全くよめないことが準備を難しくしているようですが、何人来てもいいように色々と工夫して準備してくうちにプログラムはより包括的になり学生達のリーダーとしての力量はUPします。いい経験ですね…。前月は、噂が噂を呼んで(!?)、30組以上の参加がありお名前呼びだけでも大変だった…と学生達が話してくれましたが、今回は、祝日ということもあり、それぞれのご家庭にご予定があったのか、十数組というほどよい人数でした。祝日の良さは、パパの参加があることで、今回もパパさん達が活動を盛り上げてくださっていました。 
 センターのスタッフの方々と連携をとりながら、臨機応変に対応してしっかり場を引っ張っている学生達の頼もしい姿に、ほほぅっと感慨にふけりつつ、母親業に専念させてもらい、嬉しい一日でした

    
  
 10月30日に開催された和光大学親子ムーブメント教室2010秋の第1回目でも、学生達がリーダーをしっかり務めてくれて、ハロウィンをテーマにしたサーキットムーブメントを家族で楽しむことができました。
 子どもを産んでから、私自身がムーブメントの場づくりに貢献する度に自分の子どもと離れなければならないこと、いいと思っていることに自分の子どもを参加させることができないことに矛盾を感じてきました。パパやばぁばの協力でなんとかQを参加させても、「ボクのママ」が「みんなのせんせい」になっていることが理解できず、私から離れずに大泣きして強制退去させられたこともありました…。(最近ではパパや学生達と一緒の方が楽しいらしく、勝手に走り回るQですが…。)子育て支援とか、家族支援とか掲げながらやっているのに、自分自身が母親としてげっそりしたり、家族を犠牲にしていてはいけない…とQの成長の過程と共に随分深刻に悩んだ時期もありました。Callも産まれて、またそんな想いが繰り返されるのかな〜と思っていましたが、学生達がリーダーをしっかり務めてくれるムーブメント教室が和光大学で、また、大学の近くで開催できるようになり、私は一人の母親という立場からもその場の意義を確かめながら参加することができるようになり、嬉しく思っています。
 学生達とプログラムを考えていて、まずは、リーダー・スタッフである自分達自身が「楽しい」と感じることができる場を創ること、「本気で楽しんでる大人」という環境になることが大事…ということをよく話します。私自身も楽しんでママもせんせいもやっていきたいと思います。
 午後は学生達と自宅で鍋パーティもして、とても楽しい一日でした

 次回の和光親子ムーブメント教室は、今週の13日(土)、公開研究会との合同開催です。学生達がこれまでの活動を報告して、小林芳文先生や岡上こども文化センター館長の鈴木章之さんのお話を聞きながら意見交換を行います。ご興味のある方コチラをご参照の上、参加ください。
9月の上旬からたんぽっぽが行ってきたムーブメント教室を、遅くなりましたが報告します

9月5日(日) 代々木上原のオリンピックセンターでツインマザーズクラブさんと協力して、ふたごちゃんのムーブメント教室を行いました★

プログラムは8月に岡上で行った「お天気ムーブメント」をふたごちゃん用にアレンジして行いました!

はじめに…太陽さんが出てきて「一緒に遊ぼうよ!」とカラフルなシールをくれました!シールは四色で二枚づつ渡されます。
ふたりで協力して一枚の絵を完成させるシールで、ふたごちゃん達は絵を完成させようと頑張っていました
太陽、雷、風、雨の絵を完成させると・・・
雨雲さんが出てきて太陽さんを隠しちゃった!

干してあるふたごパンツを取り込んで雨宿りしなきゃ!ふたごちゃん達はパンツの片側に一人づつ入り、走って移動!!
雨宿りしたらみんなで ふたごてるてる坊主をつくろう!
ひとつのヒモにてるてる坊主を二つ付け、ふたごパンツを干していたロープに吊るしに行こう!!

・・・すると、太陽さんにかかっていた雨雲さんが晴れて太陽さんが顔を出した

「みんなありがとう!」太陽さんからのお礼で雪に見立てた風船を降らしてくれたよ!風船には絵が書いてあって・・・同じ絵柄を探してね!と太陽さんがいうとみんな急いでペアの風船を見つけてきてくれました!

すると・・・・
もっと大きな雨雲さんが登場!
みんなでやっつけろ!!
雨雲さんをむしってむしって…


綺麗な虹が出てきたよ
やったあ!やっつけた!!
その後はみんなで虹パラシュートで遊びました♪
虹色のパラシュートやカラフルな風船にふたごちゃんたちも大喜び★
ここではふたごちゃん関係なくみんなで遊んでくれました!!
普段は他のふたごちゃんと遊ぶところを見ないお母さんお父さんは「他のお友達と協力しているところもみれてよかったです。もっと見たかったな~!」などのコメントを残してくれたので今後の参考にさせていただきます!!

はじめてのふたごちゃんムーブメントが成功してよかったです♪
そのほかにも課題や次にやってみたいことなどが浮かんだので、とてもよい勉強にもなりました!

また一緒にあそぼうね


hana

 8月21日土曜日に岡上小学校をお借りしてムーブメント教室を行いました!


お盆明けの土日ということで参加者は5組とすくなかったのですが、学生一人一人とフリームーブメトのときから子どもたちは仲良く遊んでくれていました★

太陽さんが出てきて、お天気ムーブメントの始まり!
太陽さんからもらった4枚のお天気シールを壁に貼り付けます
早く張り終わった子から「もう1枚!」と言われみんなでたくさんシールを張ってくれました

みんなで遊んでいると・・・あまぐもさんが現れて 太陽さんを隠しちゃった…!!雨が降ってきたから…みんなで雨宿りをして てるてる坊主をつくろう
お母さんと一緒にたくさんのてるてる坊主をつくってくれました
ロープにかけたら…太陽さんからあまぐもさんがいなくなったよ♪太陽さんはよろこんで
「みんなありがとう!みんなにお礼をするね」 と太陽さんは雪に見立てた風船をたくさん降らしてくれました
楽しく風船で遊んでいると・・・さっきよりも大きなあまぐもさんが現れた!!
みんなで新聞紙をなげて退治しよう!こどももお父さんたちも協力して新聞紙を投げてくれました
最後のとどめはみんなであまぐもさんをむしっちゃおう!
なんとあまぐもさんの中からきれいな虹パラシュートとたくさんのカラフル風船がでてきました
こどももおとなもみんなビックリして声をあげて喜んでくれました

最後はひとりづつパラシュートにのって終わりました

お母さんたちが帰られるときに「次回も楽しみにしています」といってくれと事がすごく嬉しかったと同時に緊張がほぐれました

お手伝いをしてくれた学生たちは、久々にムーブメントができて、こどもとたくさん遊ぶことができてよかったですと言ってくれました
次への課題はたくさんありますが、
なによりこどもたちの笑顔がたくさんみれたことが私は幸せでした


次回は9月1日にまた岡上こども文化センターにもどって活動します
もっとたくさんのこどもたちの笑顔がみれますように


hana
 2009年度が終わりを告げました。もう新年度ですね。
新年度の初めはドキドキ・ワクワクがたくさんあります

遅れながらぞむぞむ長こといがちゃんからわたげちゃん企画の感想が届きましたのでご紹介したいと思います。


このたんぽっぽ企画で学生最後、ぞむぞむ長をやらせてもらい本当に感謝しています。長と呼ぶにはほど遠い程の失態の有様でしたが、とにかく企画に参加出来て本当に良かった!たんぽっぽメンバー本当に大変だったろうけど、本当にありがとう!もちろん皆もありがとう!
思えば、たかよ、まさこ、じゅんとゼミ室で話し「風」というテーマが生まれてからワクワクし、意気込んだが結局おじゃんになったMZ独立案だったけど、最終的にたんぽぽ企画に取り込まれた方が良かったと思えた。

自分達の事をやるだけじゃなくて、色んなものと関係させて成り立たせるという事の大切さをより学べた気がする。そしてそれが面白かった(^。^)

 風って本当に素敵なテーマだ、清々しくて愛おしい!
「風」というテーマに気づいてから、人は風を纏って生きているのかと、暮らす中でたまに意識して見ることが増えた。人が暮らす空間は不思議に出来てると思いつつ、発っせられる匂いも清々しくありたいもんだと思いつつ、、、、
恐れ多くも、全体作品を担当させてもらった訳だけど、みんなと風のテーマで一緒に踊れて本気で感謝している。皆、それぞれの作品を持ちながら大変だったと思うけど、全体作品練習中にたまに見せる楽しそうな姿に、綺麗ごと抜きで励まされた!本番ギリギリまでてんやわんやしての練習だったけど、こんな機会をもらえて本気で嬉しかった。本気で感謝してます。

今回ムーブメントに初めて触れたけど、こんなに楽しいもんだとは思わなかった(笑)
特に1番印象深かったのはフリームーブメントの時間で、子どもが何に興味を持ってるのか知るために色んなアプローチをしていかなければならないけど、遊びの強制になってはいけないしなど、模索しながら、子供と接しながら、自分を疑いつつ、どう接するべきか悩みながらの行動だった。
まあ、逆にそんな考えすぎなくても良さそうだと最終的に思いましたが、この企画を通しての自分の中の一番のネックはフリームーブメントでした。

これからも子どもと接する事を考えていきたい。
企画終わってみて今思うと本当に貴重な体験だったな。なかなか出来ない事だと思う(゜_゜これをしっかり活かせるようこれから頑張らなくては!
遅くなって皆様本当にごめんなさい、でも本当に感謝しています!これからもま
た関わる機会があったら面白いね)^o^(そんときはまたヨロシクね(笑)
それでは、また会う日まで「飛ぶ鳥あとも濁して」、五十嵐でした! 


2009年度私にとって、とっても刺激的で毎日が楽しくてたくさん笑って過ごすことができた年でした。
今後のこの1年をこんなに充実して過ごせたことが大きなエネルギーになるのだと思います。
ありがとうございました
これからもどうぞよろしくお願いします


  さがまちコンソーシアム講座の企画を通して感じたこと、考えたことなどについて、学生・卒業生達で意見交換を重ねています。

 先日、学生達の感想は以下の記事でご紹介しましたが、

 私たちの感じたこと!楽しかったこと!〜遊びの場づくりに関わった学生達の感想〜

 今日は、「私たちの感じたこと!楽しかったこと!」パート2として参加してくれた卒業生から寄せられたメッセージを一部抜粋でご紹介したいと思います!


卒業生という立場からの参加は初めてで、学生とどう接したらいいのか、麻衣子さんを見ながら考えていましたが、いざ みんなの中に入ったら、何〜も変わってない私が居ました…\(^O^)/むしろ、みんなにサポートしてもらうことのが多かった!(笑)一人だけ時間が合わず、話し合いや全体練になかなか参加できませんでしたが、いつも誰かが教えて支えてくれて、本当に助かりました!
ありがとう!と同時に、みんな大きくなったなぁ…としみじみ感心してしまいました。(特に今の2年生!)新1年生も積極的についていっていて、本当に今回は、一人ひとりの今ある力を最大限発揮させたからこそ、少人数でもこんなに大きな企画を成功させることができたのだと思います。また、代の被らない先輩後輩と繋がれたり、和光卒のもっと上の代の先輩方も公演を支えて下さったり、卒業生が子供を連れて参加したりと、世代を越えて繋がれる・ひとつに集まる場所があることは、とっても有難いことです。
この仲間、この環境に感謝して、これからもMZのDNAを繁栄させていけたらいいなぁと思います。
またみんなと踊れる日を楽しみにしています。鞭はいつでも用意しておきます☆ありがとうございました!!<ゆいちゃん>

みんな、ありがとうございました。
僕の感想は本気で楽しかった。ということだけです。
踊りたい、みんなとみんなだけの舞台を作りたい、知らないことを もっと知りたい、それら全部を楽しみたい、というより 全部を本気で 自主的にやれば 絶対に楽しい と考えて、今回の 企画に加わらて頂きました。メリーゾム011を含め、今回の企画 には  色んな人の 良いものを作りたい、何より楽しみたい、という 本気の思いが そこかしこに 感じられ、僕はその パワーの渦にはまってしまい、気を抜いたり入れたり、巻き込まれたり 巻き込まれまい としながら 色んな 企みに チャレンジさせてもらうことが できました。
みんなが同じ様に頑張るんでなく、それぞれが持っている力の中で出来ること。そこよりも、さらにもう少し高く飛ぼうとすることが、大事だと思います。一人一人に魅力があり、一人一人が素敵でした。そんな 祭りの中で 思いっきり好きに遊ばせて頂いて ありがとうございました。
などと、思うと ともに僕も まだまだ ということを 相変わらず思い知らされました。お陰様で、だからこそ 生きて行けます。そして、次 が楽しみです。
いつかまた、ぜひよろしくお願いします。
もっと どっしりと 身軽になって、ともに 企みましょう。<まさし>


グリーンホールはMZが走り始めた思い出の場所で、001に出ていた卒業生の先輩がムーブメントに赤ちゃん連れて来てくれている…時間を超えて交わる繋がりが凄く貴重で、素敵な時間だったなって感じてます。 この企画に参加出来て最高に幸せでした。<AIBO>

このMZという輪の中で毎回成長させられるし、いろんなものを与えてもらっています。
沢山の仲間達との関わり創り上げる舞台は、本当に素敵なもので…。この繋がりを今後も大切にしていきたいです。
また素敵な舞台を共に創れる日を楽しみにしています。
ありがとうございました!<とくちゃん>

舞台の裏側にいた人間として感じた事ですが、プールから始まって、劇場の公演まで、関わってくれた学外の人達(もちろん、お客様も含め)が、とても楽しそうだったのが非常に印象的でした。
それが、ムーブメントの力なのか、それとも和光生の力なのか、分かりかねるところですが、関わってくれた人に楽しいと感じて貰えた企画なら、それはもう間違いなく大成功だったと言い切れると思います。今回の企画に参加出来て、本当に良かったと思います。
またすぐに会える人もいれば、なかなか会う機会がない人もいますが、関わりが持てた人全員に、感謝の気持ちでいっぱいです。<マサキさん>

今回、無理矢理にでもわがままに参加して良かった。こうしてどんどん新しいことに挑戦して。学生は流れていくけれども表現の場やムーブメントの場は変わらずにあって、その時その時にしかない楽しみを共有し共振して。生きることしか出来ない。楽しむことしか出来ない。共にあることしか出来ない。
それで良いと思う。それが強みなんだと思う。
ありがとうございました。<すーさん>



今回は学生が16人と少なくとても卒業生のみなさんに助けられました。
ありがとうございます。