Satsuki Laboratory's blog

===============
ようこそ♪
和光大学現代人間学部身体環境共生学科大橋さつき研究室の活動報告ブログです。

「ムーブメント教育・療法」や「ダンスパフォーマンスプロジェクトMerryZome(メリーゾム)」、
研究室、ゼミ生の活動をお伝えしています。

================
About us
↓  Homepage of Satsuki Laboratory ↓ ↓ 和光大学大橋さつき研究室公式HPへ ↓ 

 


〒195-8585 東京都町田市金井町2160
和光大学現代人間学部身体環境共生学科
大橋さつき研究室  (G棟3階313)
Tel : 044-989-7777 +4313
qrcode
  • 遊びを生み出すアセスメント〜MEPA-Rの活用〜
    大橋さつき (01/16)
  • 遊びを生み出すアセスメント〜MEPA-Rの活用〜
    狩野和哉 (01/16)
  • 七夕の世界で遊ぼう!〜岡上こども文化センター親子ムーブメント出戻り版〜
    さ (08/14)
  • 七夕の世界で遊ぼう!〜岡上こども文化センター親子ムーブメント出戻り版〜
    虹の子の森 (08/14)
  • 遊び種〜たんぽっぽ〜 「学生ボランティア団体」表彰式のご報告
    さ (02/22)
  • 遊び種〜たんぽっぽ〜 「学生ボランティア団体」表彰式のご報告
    森正人 (02/22)
  • 森の探険〜公立保育園を拠点とした子育て支援としての遊び活動〜
    さつき (10/10)
  • 森の探険〜公立保育園を拠点とした子育て支援としての遊び活動〜
    重松 (10/10)
  • 遊びがいっぱいの大きな家(乳児院での遊び活動支援)
    さつき (07/17)
  • 遊びがいっぱいの大きな家(乳児院での遊び活動支援)
    虹の子の森 (07/16)

一定期間更新がないため広告を表示しています

2014年5月10日、岡上こども文化センターにて和光大学の学生たちによる親子ムーブメント教室が実施されました。
2014-05-10 12.16.58.png
今年度初の実践で、学生たちは3分の2が初参加!少し緊張した表情でしたが、元気な子どもたちの笑顔にパワーをもらい、いつものとおり、親子、学生、施設スタッフみんな一緒に楽しい遊びの場をつくることができました。
 
今回は、5月、端午の節句をイメージして、「こいのぼりこいのぼりと一緒にあそぼう!」をテーマにしたプログラムでした。

 
フリームーブメントの後は、いつものとおり、集合して呼名(おまなえよび)の活動です。
今回は、お返事ができたら、子どもたちは、「こいのぼり」に変身するためのスカーフを一枚ずつもらう流れになっていて、赤青黄緑そしてピンクのムーブメントスカーフの中から、自分で選んだ色をゲットしました。
2014-05-10 10.39.36.png 2014-05-10 10.49.32.png
続いて、ダンスムーブメントでは、身体部位を確認したり、ママと一緒にゆらゆら揺れたり、ぐっぱーの動きを発展させて動きました。
2014-05-10 10.56.14.png
走行・歩行ムーブメントでは、タンバリンの音に合わせて速さを変えたり、音を良く聴いてストップしたり、そして、色々な動物になって歩きました。最後に「こいのぼり」の動きが得意なお兄さんの真似をして、みんなで「こいのぼり♪こいのぼり♪」と言いながら進みました。
2014-05-10 10.59.30.png
2014-05-10 11.03.07.png
 続いて、輪になって座り、ロープムーブメントです。右右〜、左左〜と声を出しながらロープを隣に送ったり、「トントン前〜、トントン右〜」のリズムに合わせたりして、方向性を確認しながら動きました。
2014-05-10 11.09.29.png
「後ろ〜」のときは、みんなでバランス!「1,2,3,4、5〜〜」と数えてキープです。
2014-05-10 11.10.29.png
持ってたロープを床におくことで、ロープの内側と外側が生じます。ここで、「ロープの中に右足を入れて…」、「ロープの中にお尻を入れて…」と、図と地の視知覚と身体部位の確認、そして、姿勢保持の課題を織り交ぜた活動に入ります。

2014-05-10 11.11.52.png 2014-05-10 11.12.17.png
「ロープの中に、どこでもいいから自分の身体の部位を3箇所いれて…」の課題では、子どもたちは自分で決めて動きます。「答えが一つではない活動」で、創造性の要素も入ります。
2014-05-10 11.12.36.png 2014-05-10 11.12.42.png
今度は立ち上がって、ロープの上を歩きます。
2014-05-10 11.13.47.png
後ろ歩きにも挑戦です。慎重に、後ろのお友だちも気にしながら、上手に歩いていました。
2014-05-10 11.13.38.png
ロープの輪を池に見立てたら、ちびっここいのぼりたちがお池で泳ぎ始めました。
2014-05-10 11.14.42.png
こいのぼりに変身したスカーフを今度は、ロープにかけて集めます。お兄さんたちのお手本をよく見て、自分で決めた場所にかけていました。
2014-05-10 11.17.27.png 2014-05-10 11.18.53.png
ロープにかけた色とりどりのスカーフたちは、空を泳ぐこいのぼりに見えます。透けるスカーフが創り出す優しい風景を楽しんで、その後は、またいだり、くぐったりして遊びました。
2014-05-10 11.20.33.png 2014-05-10 11.20.44.png
2014-05-10 11.21.26.png 2014-05-10 11.21.37.png

続いては、「鯉の滝登り!?」のイメージで、スカーフトンネルをくぐって進みました。

2014-05-10 11.24.11.png 2014-05-10 11.24.06.png 
みんなでぎゅぎゅっと寄り集まってユランコそりに乗ってひっぱってもらう活動では、「ただそれだけ」のことなのに、子どもたちはとても嬉しそう…わーいわーい。もう1回!とのリクエストに、汗だくの学生たちも笑顔で応えていました。
2014-05-10 11.25.10.png  2014-05-10 11.25.23.png
2014-05-10 11.27.36.png 2014-05-10 11.26.45.png  

そして…、あれあれ?何かが部屋に入ってきたぞぉ〜〜!! じゃじゃ〜〜ん!”巨大こいのぼり”です!(パラシュートを長方形に畳んで目を付けただけなんですが…)子どもたち以上にママさんたちの歓声があがります…。「見える!見える!」と大人の方が笑っていました…顔こいのぼり

2014-05-10 11.28.13.png 2014-05-10 11.28.14.png
2014-05-10 11.28.57.png
そして、巨大こいのぼりが、パラシュートに変身して(…というか、もとに戻って…!?)、子どもたちの頭上に広がり、上〜下〜と大きく揺らして楽しみました。
みんなでドームをつくったり…、
2014-05-10 11.31.44.png 2014-05-10 11.31.51.png

2014-05-10 11.33.06.png 2014-05-10 11.33.09.png

2014-05-10 11.32.34.png
一人ずつ乗せてダイナミックな揺れを楽しんだり…、

2014-05-10 11.35.28.png 2014-05-10 11.34.39.png 

2014-05-10 11.37.07.png
小さなお友だちは、ママと一緒に乗ってもらって、メリーゴーランドのように床を滑らせたり…、
2014-05-10 11.47.39.png
最後は、紙吹雪を乗せて、楽しみました。
2014-05-10 11.48.54.png  2014-05-10 11.50.06.png
ふりかえりでは、「今日は何をしたかな〜」の問いに、子どもたちが元気な声で答えていました。
2014-05-10 11.52.09.png
年度の変わり目でメンバーが入れ替わり、初参加の学生が多いことを考慮して、経験者のリーダーたちが「シンプル」を心がけたことがよい結果につながったと思います。

使ったムーブメント遊具も、基本は、スカーフ、ロープ、ユランコ、そして、パラシュートだけでしたけど、みんなでイメージを共有することができ、とても創造的なプログラムに仕上がっていました。

リーダーを務めた学生たちからは、早速に反省の声もあがっていました。楽しみつつ、自分の力不足にちょっぴり悔しい想いもして、終わった瞬間に次の意欲が生まれている…、学生にとってもまさに生きた学びの場です…。

児童館型施設における地域子育て支援事業として実施されている活動ですが、支援する側-支援される側…という関係を越えて、施設スタッフに支えられ、地域の親子と学生たちが共に「育ち合う場」になっていることに、毎回、感動します。

今年も楽しい遊びの場が生まれますように…お願いハート
<<prev entry | main | next entry>>

Comments:

Leave a comment:










TrackBack URL:

http://satsuki-lab.jugem.jp/trackback/329

TrackBacks: