Satsuki Laboratory's blog

===============
ようこそ♪
和光大学現代人間学部身体環境共生学科大橋さつき研究室の活動報告ブログです。

「ムーブメント教育・療法」や「ダンスパフォーマンスプロジェクトMerryZome(メリーゾム)」、
研究室、ゼミ生の活動をお伝えしています。

================
About us
↓  Homepage of Satsuki Laboratory ↓ ↓ 和光大学大橋さつき研究室公式HPへ ↓ 

 


〒195-8585 東京都町田市金井町2160
和光大学現代人間学部身体環境共生学科
大橋さつき研究室  (G棟3階313)
Tel : 044-989-7777 +4313
qrcode
  • 遊びを生み出すアセスメント〜MEPA-Rの活用〜
    大橋さつき (01/16)
  • 遊びを生み出すアセスメント〜MEPA-Rの活用〜
    狩野和哉 (01/16)
  • 七夕の世界で遊ぼう!〜岡上こども文化センター親子ムーブメント出戻り版〜
    さ (08/14)
  • 七夕の世界で遊ぼう!〜岡上こども文化センター親子ムーブメント出戻り版〜
    虹の子の森 (08/14)
  • 遊び種〜たんぽっぽ〜 「学生ボランティア団体」表彰式のご報告
    さ (02/22)
  • 遊び種〜たんぽっぽ〜 「学生ボランティア団体」表彰式のご報告
    森正人 (02/22)
  • 森の探険〜公立保育園を拠点とした子育て支援としての遊び活動〜
    さつき (10/10)
  • 森の探険〜公立保育園を拠点とした子育て支援としての遊び活動〜
    重松 (10/10)
  • 遊びがいっぱいの大きな家(乳児院での遊び活動支援)
    さつき (07/17)
  • 遊びがいっぱいの大きな家(乳児院での遊び活動支援)
    虹の子の森 (07/16)
今年最後の話題…というより、UPできないままでいた記事2つめですが…、なんとか今年の話題今年のうちに…です汗
 
2013年11月30日(土)、川崎市宮前区で「第1回 すがお手つなぎまつり」クリッククリックが開催されました。

メイン会場となっている「地域子育て支援センターすがお」では、以前から熱心にムーブメント活動に取り組んでくださっています。
元気なおじいちゃんおばあちゃんのシルバースタッフの存在が最大の魅力です。

シルバースタッフがムーブメントによる遊びの場の担い手となって地域の子育てを支えている実践の様子については、過去の記事をご参照ください。
 ↓
多世代交流ムーブメント(2013/07/02) 

さて、この「すがお手つなぎまつり」、地域に住んでいる人たちが楽しく交流することで、子育ても楽しみながらできるようになったらいいな…との願いを込めて企画されたそうです。
メイン会場(屋外)で行われたムーブメントプログラムについては、事前に相談を受けていたので、当日良いお天気で良かったと思っていました。
(早々に、嬉しい報告を頂いていたのですが、紹介が遅れてごめんなさい…。)

****
オープニングでは、パラシュートにカラーボールを入れて跳ねさせる活動を取り入れ、華やかにおまつりのムードを演出しました。
P1010017.png RIMG0402.png
想定外だったのは、振っても振ってもボールがなくならず「あれ?」と思ったら、周りの人が、一生懸命ボールを拾ってはパラシュートに戻し、応援してくれていた…とのことです顔

おじいちゃんおばあちゃんたちの活躍の他にも、
地域の大学生がボランティアで来てくれて若いパワーで子どもたちをパラシュートに乗せることができたようです。
お祭りの風景にパラシュートが映えますね♪
 
P1010022.png P1010036.png

RIMG0448.png RIMG0463.png
最後は、ロープムーブメントで手つなぎの輪を作って終了したとのこと。
送っていただいた写真から、世代間の交流が微笑ましく、とてもよい雰囲気で盛り上がった様子が伝わってきます。
 
P1010047.png



リーダーの保育士さんは…、

ムーブメント遊具の人を惹きつける力、人と人を結びつける力を実感でき、テキスト(スタッフ研修で使った「遊びの場づくりに役立つムーブメント教育・療法(明治図書)」)の 「大人も遊ぶ〜地域の中で共に育つ関係づくり〜」(第1章ポイント16、p.36)につながっていくとのでは思いました。私は、ますますムーブメントの魅力に取り付かれています!
 
との感想を届けてくださいました。

これまで、「お祭り」をテーマにしたムーブメントプログラムを実践したことはありましたが、本当の地域のお祭りの中でムーブメントが活かされたこの取り組みは、格別ですクラッカーわお
遊びの力が地域の力に直結することでしょう…。

私は、ムーブメントのスタッフ研修に出向く度に、基本は大事、効率良く方法論も伝えたい、だけど、ムーブメントはこうでなければならない…とマニュアルのように考えずに、それぞれの現場に合った展開が生まれることが望ましいと伝えています。
そして、それができるのは私ではなく地域や施設で子どもたちに直接にかかわる現場のスタッフの方々だと思うからこそ、支援者養成に力を入れようと決めました。

この団体の取り組みは、既にシルバースタッフ、多世代交流…と面白い発展を見せてくださっていましたが、今回のお祭りでの報告を受け、すっかり「すがおオリジナル」ができてきたと感じて、とても嬉しくなりました。今後の発展が楽しみですハート
地域子育て支援センターすがおのみなさん、来年3月にまた研修にうかがいま〜す。よろしくお願いいたします。これからも、ますます楽しんで元気に遊んでください!!

 
<<prev entry | main | next entry>>

Comments:

Leave a comment:










TrackBack URL:

http://satsuki-lab.jugem.jp/trackback/325

TrackBacks: