Satsuki Laboratory's blog

===============
ようこそ♪
和光大学現代人間学部身体環境共生学科大橋さつき研究室の活動報告ブログです。

「ムーブメント教育・療法」や「ダンスパフォーマンスプロジェクトMerryZome(メリーゾム)」、
研究室、ゼミ生の活動をお伝えしています。

================
About us
↓  Homepage of Satsuki Laboratory ↓ ↓ 和光大学大橋さつき研究室公式HPへ ↓ 

 


〒195-8585 東京都町田市金井町2160
和光大学現代人間学部身体環境共生学科
大橋さつき研究室  (G棟3階313)
Tel : 044-989-7777 +4313
qrcode
  • 遊びを生み出すアセスメント〜MEPA-Rの活用〜
    大橋さつき (01/16)
  • 遊びを生み出すアセスメント〜MEPA-Rの活用〜
    狩野和哉 (01/16)
  • 七夕の世界で遊ぼう!〜岡上こども文化センター親子ムーブメント出戻り版〜
    さ (08/14)
  • 七夕の世界で遊ぼう!〜岡上こども文化センター親子ムーブメント出戻り版〜
    虹の子の森 (08/14)
  • 遊び種〜たんぽっぽ〜 「学生ボランティア団体」表彰式のご報告
    さ (02/22)
  • 遊び種〜たんぽっぽ〜 「学生ボランティア団体」表彰式のご報告
    森正人 (02/22)
  • 森の探険〜公立保育園を拠点とした子育て支援としての遊び活動〜
    さつき (10/10)
  • 森の探険〜公立保育園を拠点とした子育て支援としての遊び活動〜
    重松 (10/10)
  • 遊びがいっぱいの大きな家(乳児院での遊び活動支援)
    さつき (07/17)
  • 遊びがいっぱいの大きな家(乳児院での遊び活動支援)
    虹の子の森 (07/16)

一定期間更新がないため広告を表示しています

 2013年7月13日(土)、少し過ぎてしまっていましたが、「七夕」をテーマにしたムーブメントプログラムが、和光大学のダンス演習室で実施されました。

 学生たちグループ「遊び種〜たんぽっぽ〜」による活動で、普段は大学から徒歩圏内の児童館型施設「岡上こども文化センター」で「出張型」で実施しているのですが、年に何回かは、大学内の施設を活用して行いますので、大学で実施するときはいつの頃からか「出戻り版」と呼ばれるようになりました。
 
 今回は、ダンス演習室の「照明機材」を活用して「光」の環境をアレンジしたプログラムづくりに挑戦しました。

 過去の照明を活用したプログラムもご参照ください。
 
 ◇with shine 本当に「虹」みたいでした(2011/07/11)
 
 
 ◇「たからもの」の共創、−「さがそう!つくろう!自分だけのたからものポンチョ!」プログラム紹介(2011/01/31)
 ◇みんなでつくろう!ドラマムーブメント〜わたげちゃん 光の冒険〜(2010/03/04)
  
  

20130713_101853.png

  フリームーブメントの時間は、やさしい光に包まれてファンタジックなイメージの中で、パパママの遊び心も刺激されたのか、いつも以上にわいわいと親子が遊具で遊ぶ姿が見られました。学生も各自が主体的に関わって、自由遊びを楽しんでいました。

 特別な雰囲気の中でも、集団プログラムの導入は、「いつもどおり」に、お名前呼びやダンスムーブメントの流れで・・・。ムーブメントの原則の一つ、「変化のある繰り返し」は大事です。

20130713_103724.png

  
 そして、今日のお話のテーマ、「七夕」の主人公、彦星と織り姫役の学生が登場。「七夕」のお話知ってる〜?というリーダーの問いに、小学生になったばかりの男の子から「ロマンティック」という言葉が出てきて盛り上がりました。

 ドラマ性のあるプログラムでは、「役」を演じることで、学生スタッフの積極性が増すという特長があります。大人も別の誰か(何か)になることで、日常の自分から「自由」になって、純粋な遊びの世界を楽しむことができるのかもしれません。

20130713_110501.png

  織り姫からの依頼を受け、天の川を綺麗にするために、みんなで、宇宙へ星を集める旅に出かけることになりました・・・。ユランコロケットに乗って、出発です。

20130713_110826.png

  宇宙のイメージで用意されたサーキットプログラムが待っていました。

20130713_111341.png

  

20130713_111832.png

 

 

20130713_111921.png

 

  一人ひとりサーキットを終え、お星さま(に見立てた光るスティック)をゲット!
 子どもたちが織り姫のもとに星を届けに戻ります。

20130713_112927.png

  自分で集めた星を思い思いに飾って、天の川の風景を作りました。

20130713_113136.png

  キラキラパワーを集めて子どもたちが元気に星のダンスをすると、ミラーボールが回転し、部屋一面が星空に・・・!わ〜と歓声が上がりました。(写真だとちょっと解りづらいですが、プラネタリウムみたいになります。)

20130713_113554.png

  綺麗になった天の川を渡って、彦星に会いに行きました。

20130713_113740.png

 

 最後は彦星と織り姫がお礼にプレゼントしてくれたパラシュートを、綺麗な照明の下で楽しみました。

20130713_114205.png

 

20130713_114257.png

 

  一人ひとりパラシュートの上に乗せる活動では、子どもたちは、まるで星空に浮かんでいるようでした。

20130713_114920.png

 

20130713_114954.png

 

  キラキラの紙吹雪を散らして、ファンタジックなエンディングでした。

20130713_120004.png

  大学食堂でお昼を食べてから帰ります!と地域の親子が元気に帰っていきました。
 仕込みが大変なプログラムでしたが、学生たちもよく準備しました。お疲れ様でした。

 
 
<<prev entry | main | next entry>>

Comments:

森先生、励ましのコメント、ありがとうございます。
あらためて、「光」はムーブメント環境の大事な一部と感じました。ファンタジックな世界に、何より、大人の心が動きます。
子どもを遊ばせるとか、遊んであげる・・・ではなくて、大人も子どもも一緒になって遊ぶ・・・、遊びの場を共に創る・・・、ムーブメントの遊びの場づくりを目的にすることで、大学の施設環境も貴重な財産として、地域との連携に活かすことができると感じています。北海道の活動も楽しみにしています!
comment by: さ | 2013/08/14 7:34 PM
さつき先生!暑中お見舞い申し上げます。
札幌もなかなか暑いですが、そちらの比ではありませんね。
いつも楽しいレポートをありがとうございます。
私は七夕生まれの一人として、とっても感動して拝見しました。
これからも素敵な活動をどんどん教えてくださいね!
\(◎o◎)/!
comment by: 虹の子の森 | 2013/08/14 5:11 PM

Leave a comment:










TrackBack URL:

http://satsuki-lab.jugem.jp/trackback/318

TrackBacks: