Satsuki Laboratory's blog

===============
ようこそ♪
和光大学現代人間学部身体環境共生学科大橋さつき研究室の活動報告ブログです。

「ムーブメント教育・療法」や「ダンスパフォーマンスプロジェクトMerryZome(メリーゾム)」、
研究室、ゼミ生の活動をお伝えしています。

================
About us
↓  Homepage of Satsuki Laboratory ↓ ↓ 和光大学大橋さつき研究室公式HPへ ↓ 

 


〒195-8585 東京都町田市金井町2160
和光大学現代人間学部身体環境共生学科
大橋さつき研究室  (G棟3階313)
Tel : 044-989-7777 +4313
qrcode
  • 遊びを生み出すアセスメント〜MEPA-Rの活用〜
    大橋さつき (01/16)
  • 遊びを生み出すアセスメント〜MEPA-Rの活用〜
    狩野和哉 (01/16)
  • 七夕の世界で遊ぼう!〜岡上こども文化センター親子ムーブメント出戻り版〜
    さ (08/14)
  • 七夕の世界で遊ぼう!〜岡上こども文化センター親子ムーブメント出戻り版〜
    虹の子の森 (08/14)
  • 遊び種〜たんぽっぽ〜 「学生ボランティア団体」表彰式のご報告
    さ (02/22)
  • 遊び種〜たんぽっぽ〜 「学生ボランティア団体」表彰式のご報告
    森正人 (02/22)
  • 森の探険〜公立保育園を拠点とした子育て支援としての遊び活動〜
    さつき (10/10)
  • 森の探険〜公立保育園を拠点とした子育て支援としての遊び活動〜
    重松 (10/10)
  • 遊びがいっぱいの大きな家(乳児院での遊び活動支援)
    さつき (07/17)
  • 遊びがいっぱいの大きな家(乳児院での遊び活動支援)
    虹の子の森 (07/16)

一定期間更新がないため広告を表示しています

東北版あそびのちからはいのちのちから の活動として、先月の石巻市ので活動に続き、10月3日(水)、福島県郡山市の公民館にて、未就学児の親子対象の遊び活動を実施しました。

郡山市の子育て支援サークル「のびのびし隊」と「はぁ〜とふるレインボー福島(NPO虹のかけ橋)郡山支部」の皆さんと協力して実施しました。講師は、NPO法人CMDゆうゆうで、私は監修させてもらいました。

20121003_090358.png 20121003_094001.png


ハローウィンも近いので、「魔法使いに大変身!!」をテーマにしたプログラムを用意しました。

フリームーブメントでは、はじめての遊具にちょっとびっくりの子ども達が少しずつ環境に馴染んでいき、リーダー、スタッフに誘われて、親子が自由に色々な遊びを展開していました。

20121003_094933.png  20121003_100908R.png 
IMG_0300RR.png  IMG_0301R.png

IMG_0302R.png



集団プログラムは、シンプルなロープムーブメントから・・・。皆で大きな輪になって、一緒に動きます。

IMG_0305.png

お名前呼びでは、一人一人元気にお返事!

IMG_0314R.png IMG_0318R.png

ダンスムーブメントは、音楽に合わせて、親子でゆらゆら揺れたり、ぐっぱ〜の動きを楽しんだり・・・。
IMG_0327.png 20121003_104336.png
IMG_0338.png

魔法使いになって、動物に変身するイメージで動きを取り入れながら移動しました。ウサギになって元気に跳ねたり、ママに抱っこしてもらってキリンになってご機嫌でした♪

IMG_0340.png 

設定ムーブメントでは、「魔法使いの修業の旅」をテーマに遊びました。

ロープやスペースマットの道を頭にビーンズバッグを乗せてバランスよく歩いたり・・・、

IMG_0357.png IMG_0366.png

魔法のほうきにつかまって、移動したり・・・、

IMG_0363.png

空飛ぶじゅうたんに乗って空を飛んだり・・・、

IMG_0365.png



畳のお部屋でしたが、天井が高く、パラシュートムーブメントをたっぷり楽しむことができました。

IMG_0385.png IMG_0388.png

はじめての体験でしたが、ママさん達も現地のボランティアさん達も気があって、パラシュートドーム、上手にできました!

IMG_0387.png



一人一人順番にパラシュートに乗って、空を飛びました!

20121003_112707.png

20121003_111912.png

最後は、風船を乗せて・・・、

20121003_110655.png


魔法の粉の紙吹雪を散らして、ファンタジックな場面をつくりました。

IMG_0399.png



活動のふりかえりの場面では、「魔法使いになって、空を飛んだよ!」ってお話している子どもがいて嬉しかったです。

空飛ぶじゅうたんのユランコはバスタオルに代えて、頭に乗せたビーンズバッグは雑誌やハンカチでもOK、ぜひ、身近なものを代用して家庭でもやってください!とリーダーが説明すると、ママさん達も大きく頷いていました。

いつもの親子ムーブメントと変わらず楽しい遊びの場が過ぎて、嬉しそうに手を振る親子を見送って、ふと、建物の外を見ると・・・、

20121003_140246.png



現地のスタッフの方が、「今日は高いわね」「やっぱり、風のせいかしらね」と話していました。

そして、親子遊びを実施した公民館の図書室は、食品の放射能測定の部屋として常設されていました。

20121003_124058.png



原発の影響で、外遊びを制限され、土や砂や草花を直接触ることを禁じられている福島の子ども達・・・。

「禁止」や「制限」をしなければならないことが多く、「あれだめ、これだめ」と言わなければならなくなった・・・、本来怒らなくていいことなのに怒っている自分が居て嫌になることがあります・・・、楽しく子育てがしたいです・・・等のママ達の言葉がアンケートに残されていて、重く受け止めました。

参加者の多くが、室内でもしっかり身体を動かし親子で楽しく取り組める活動を欲していて、ムーブメント教育・療法の実績はこれに十分応えられると実感しました。

今後も丁寧に取り組んでいきたいと思います。
ご協力くださった皆さん、ありがとうございました。

<追伸>
今回の企画と同時開催の催しとして、別の部屋では、就学児のお母さん方がお子さんが学校に行っている時間を活用して、「逞しい身体づくりは食べ物から・・・」ということで、専門家を招き放射能除去食品の勉強会も兼ねた調理実習を実施していました。

20121003_143054.png


私もお裾分けしてもらいました。
深刻な課題の取組みだと思いますが、おしゃべりしながら調理して一緒に味わって食す・・・という活動を楽しんでいるお母さん方の元気な笑い声が聞こえてきました。
「一緒につくって食べる」ことが大好きな歴代ゼミ生の姿と重ねて、「食」に関わることも「遊び」なんだろうな・・・と考えました。

福島の親子の皆さんと共に「遊びの場づくり」の意義について、あらためて考えていきたいと思います。よろしくお願いいたします・・・。

<<prev entry | main | next entry>>

Comments:

Leave a comment:










TrackBack URL:

http://satsuki-lab.jugem.jp/trackback/298

TrackBacks: