Satsuki Laboratory's blog

===============
ようこそ♪
和光大学現代人間学部身体環境共生学科大橋さつき研究室の活動報告ブログです。

「ムーブメント教育・療法」や「ダンスパフォーマンスプロジェクトMerryZome(メリーゾム)」、
研究室、ゼミ生の活動をお伝えしています。

================
About us
↓  Homepage of Satsuki Laboratory ↓ ↓ 和光大学大橋さつき研究室公式HPへ ↓ 

 


〒195-8585 東京都町田市金井町2160
和光大学現代人間学部身体環境共生学科
大橋さつき研究室  (G棟3階313)
Tel : 044-989-7777 +4313
qrcode
  • 遊びを生み出すアセスメント〜MEPA-Rの活用〜
    大橋さつき (01/16)
  • 遊びを生み出すアセスメント〜MEPA-Rの活用〜
    狩野和哉 (01/16)
  • 七夕の世界で遊ぼう!〜岡上こども文化センター親子ムーブメント出戻り版〜
    さ (08/14)
  • 七夕の世界で遊ぼう!〜岡上こども文化センター親子ムーブメント出戻り版〜
    虹の子の森 (08/14)
  • 遊び種〜たんぽっぽ〜 「学生ボランティア団体」表彰式のご報告
    さ (02/22)
  • 遊び種〜たんぽっぽ〜 「学生ボランティア団体」表彰式のご報告
    森正人 (02/22)
  • 森の探険〜公立保育園を拠点とした子育て支援としての遊び活動〜
    さつき (10/10)
  • 森の探険〜公立保育園を拠点とした子育て支援としての遊び活動〜
    重松 (10/10)
  • 遊びがいっぱいの大きな家(乳児院での遊び活動支援)
    さつき (07/17)
  • 遊びがいっぱいの大きな家(乳児院での遊び活動支援)
    虹の子の森 (07/16)

和光大学地域連携研究センター主催 社会連携研究プロジェクト
共生・共創をめざした創造的身体表現遊びの実践
「心音(こころね)2016」が始まります。

 

 ↓ 大学HPの案内をご確認ください。

http://www.wako.ac.jp/info/news_entry/4376.html クリッククリック

 

 

ご参加、お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

定員に達し受付終了となりました・・・(2016年6月22日)sorrysorrysorry

 

久しぶりに、さがまちコンソーシアム主催の和光ムーブメント教室を担当します!!

さがまちカレッジ特別講座
家族で遊び力UP大作戦!和光ムーブメント教室
からだ・あたま・こころの統合的な発達を支援する「ムーブメント教育」の
理論を基にした楽しい遊びの場を用意しました。子育てを楽しむ力や家族
で遊ぶことの大切さについて、共に学びましょう。障がいのある方の参加も
歓迎です。(配慮して欲しいことなどがあれば備考欄にご記入ください。)
おじいちゃん、おばあちゃんの参加も可能です。



日 程 :2016年7月17日(日曜日)
時 間 :13:00〜14:30
場 所 :和光大学 体育館「パレストラ」(町田市金井2160)
  小田急線鶴川駅下車 徒歩約15分(スクールバスあり)
講 師: 和光大学 現代人間学部 身体環境共生学科
     大橋 さつき 准教授
対 象 :小学生以下の子どもとその保護者
定 員 :20組(申込順)
 ※原則2人一組としますが、兄弟と保護者でも参加も可能です。
参 加 費: な し

申込みは、さがまちカレッジのHPを参照ください。クリッククリック
 → http://sagamachi.jp/manabi/consuniv/course.html

 

和光大学 親子ムーブメント のお誘い
ムーブメント絵本『まねっこパレード」であそぼう!


●日時:2015年12月13日(日)12:30〜14:00
●場所:和光大学 E棟 コンベンションホール
 ・ リーダー:惠濃 志保 (NPO法人CMDゆうゆう代表/日本ムーブメント教育・療法協会認定上級指導者)
 ・スタッフ:和光大学 遊び種 (あそびぐさ) 〜たんぽっぽ〜
 ・プログラム監修:小林 芳文( 横浜国立大学名誉教授・和光大学名誉教授 )
           大橋 さつき( 和光大学現代人間学部身体環境共生学科准教授)

 東日本大震災を受け、研究プロジェクト「東北版 あそびのちからはいのちのちから」では、福島の子ども育成支援を目指した室内遊びのプログラムを開発・実践、リーダー養成や地域施設を活かした試みを行ってきました。
 「まねっこパレード」はその取組みの中で生まれた オリジナルムーブメント絵本です。今回は、福島で実践したプログラムを、和光大学に集まってくださった皆さんと共に楽しみたいと思います。
 なお、本企画は同日開催のシンポジウム「あそびのちからはいのちのちから〜福島の子どもたちの笑顔に寄せて〜」の参加者に向けた公開教室となります。予め了承の上お申し込みください。
 シンポジウムの詳細は大学HPでご確認ください。
   ↓
http://www.wako.ac.jp/info/news_entry/3847.html


●申込み:メールにて、以下の内容で asobi★wako.ac.jp  に送信ください。(★を@に変えてください)
  *タイトル: 「12月ムーブメント教室申込」
  *本文:  ,子さんのお名前とお子さんの年齢、
        ∧欷郤圓里名前、G枸犬靴討曚靴い海箸覆
★障害の有無は問いません。
★動きやすい服装をご用意ください。
★活動後の水分補給やタオル等の準備をご持参ください。

●問合せ:和光大学 身体環境共生学科 大橋さつき研究室
 

 ※好評につき、申込受付終了いたしました(2015年11月13日)。

和光大学 親子ムーブメント のお誘い 
 
絵の具 えのぐであそぼう!

●日時:2015年11月15日(日)13:00〜15:00
●場所:和光大学 体育館パレストラ1Fサブアリーナ
●申込み:メールにて、以下の内容で asobi★wako.ac.jp   に(★を@に変えて)送信ください。
  *タイトル: 「11月ムーブメント教室申込」
  *本文:  ,子さんのお名前とお子さんの年齢、∧欷郤圓里名前、G枸犬靴討曚靴い海箸覆
 ★障害の有無は問いません。
 ★動きやすく、汚れてもいい服装 をご用意ください。
 ★活動後の水分補給やタオル等の準備をご持参ください。
●主催:和光大学 遊び種 (あそびぐさ) 〜たんぽっぽ〜
●問合せ:和光大学 身体環境共生学科 大橋さつき研究室

和光大学親子ムーブメントのお誘いハロウィン 
 ハロウィンハロウィンをテーマにふうせん風船であそぼ〜!
●日時:2015年10月25日(日)10:00〜12:00
●場所:和光大学 体育館パレストラ1Fアリーナ&第2グラウンド
●申込み:メールにて、以下の内容で asobi★wako.ac.jp (★を@に変えてください)に送信ください。
  *タイトル: 「10月ムーブメント教室申込」
  *本文:  ,子さんのお名前とお子さんの年齢、∧欷郤圓里名前、G枸犬靴討曚靴い海
★障害の有無は問いません。
★動きやすく汚れてもいい服装をご用意ください。
★活動後の水分補給やタオル等の準備をご持参ください。
●主催:和光大学 遊び種(あそびぐさ) 〜たんぽっぽ〜
●問合せ:和光大学 身体環境共生学科 大橋さつき研究室

親子で楽しく太鼓のリズムで遊んじゃおう!!
みんなでつなごう太鼓のWA ! No.7

太鼓を活かしたムーブメントワークショップのご案内です。

わ日時&対象:
 2015年7月26日 日曜日 
 10:30〜12:00 対象:2歳〜5歳
 13:00〜14:30 対象:6歳〜小学4年生
 15:30〜17:00 対象 小学5年生以上

 障がいの有無は問いません。どなたでも参加いただけます。
 は、対象年齢に上限はありません。大人のみの参加も可能です。

わ参加費:無料 ★事前申し込みは必要です
わ定員:各回 親子10組
わ場所:和光大学 パレストラ1階 ダンス演習室
わ持ち物: 動きやすい服装(控え室あり) 飲み物 タオル

わ申し込み先:
 *メール asobi@wako.ac.jp
 「太鼓WS申し込み」という件名で、
   本文に、〇臆担望の回 ∋臆端圓了疚焦齢、
               障がいの有無 で枸犬靴突澆靴い海箸陵無
   を記入の上、送信してください。

 *電話: 042−704−8753
    留守電の場合はお名前と番号を残してください。
    折り返し連絡致します。 
            担当:CMDゆうゆう  えのう

主催:和光大学大橋さつき研究室 NPO法人CMDゆうゆう





 
今年最後の話題…というより、UPできないままでいた記事2つめですが…、なんとか今年の話題今年のうちに…です汗
 
2013年11月30日(土)、川崎市宮前区で「第1回 すがお手つなぎまつり」クリッククリックが開催されました。

メイン会場となっている「地域子育て支援センターすがお」では、以前から熱心にムーブメント活動に取り組んでくださっています。
元気なおじいちゃんおばあちゃんのシルバースタッフの存在が最大の魅力です。

シルバースタッフがムーブメントによる遊びの場の担い手となって地域の子育てを支えている実践の様子については、過去の記事をご参照ください。
 ↓
多世代交流ムーブメント(2013/07/02) 

さて、この「すがお手つなぎまつり」、地域に住んでいる人たちが楽しく交流することで、子育ても楽しみながらできるようになったらいいな…との願いを込めて企画されたそうです。
メイン会場(屋外)で行われたムーブメントプログラムについては、事前に相談を受けていたので、当日良いお天気で良かったと思っていました。
(早々に、嬉しい報告を頂いていたのですが、紹介が遅れてごめんなさい…。)

****
オープニングでは、パラシュートにカラーボールを入れて跳ねさせる活動を取り入れ、華やかにおまつりのムードを演出しました。
P1010017.png RIMG0402.png
想定外だったのは、振っても振ってもボールがなくならず「あれ?」と思ったら、周りの人が、一生懸命ボールを拾ってはパラシュートに戻し、応援してくれていた…とのことです顔

おじいちゃんおばあちゃんたちの活躍の他にも、
地域の大学生がボランティアで来てくれて若いパワーで子どもたちをパラシュートに乗せることができたようです。
お祭りの風景にパラシュートが映えますね♪
 
P1010022.png P1010036.png

RIMG0448.png RIMG0463.png
最後は、ロープムーブメントで手つなぎの輪を作って終了したとのこと。
送っていただいた写真から、世代間の交流が微笑ましく、とてもよい雰囲気で盛り上がった様子が伝わってきます。
 
P1010047.png



リーダーの保育士さんは…、

ムーブメント遊具の人を惹きつける力、人と人を結びつける力を実感でき、テキスト(スタッフ研修で使った「遊びの場づくりに役立つムーブメント教育・療法(明治図書)」)の 「大人も遊ぶ〜地域の中で共に育つ関係づくり〜」(第1章ポイント16、p.36)につながっていくとのでは思いました。私は、ますますムーブメントの魅力に取り付かれています!
 
との感想を届けてくださいました。

これまで、「お祭り」をテーマにしたムーブメントプログラムを実践したことはありましたが、本当の地域のお祭りの中でムーブメントが活かされたこの取り組みは、格別ですクラッカーわお
遊びの力が地域の力に直結することでしょう…。

私は、ムーブメントのスタッフ研修に出向く度に、基本は大事、効率良く方法論も伝えたい、だけど、ムーブメントはこうでなければならない…とマニュアルのように考えずに、それぞれの現場に合った展開が生まれることが望ましいと伝えています。
そして、それができるのは私ではなく地域や施設で子どもたちに直接にかかわる現場のスタッフの方々だと思うからこそ、支援者養成に力を入れようと決めました。

この団体の取り組みは、既にシルバースタッフ、多世代交流…と面白い発展を見せてくださっていましたが、今回のお祭りでの報告を受け、すっかり「すがおオリジナル」ができてきたと感じて、とても嬉しくなりました。今後の発展が楽しみですハート
地域子育て支援センターすがおのみなさん、来年3月にまた研修にうかがいま〜す。よろしくお願いいたします。これからも、ますます楽しんで元気に遊んでください!!

 
2013年11月30日(土)、卒業生が運営するNPO法人CMDゆうゆうによる公開イベントに出席してきました。

前半は、「冬の星座を探しに行こう!」をテーマにした公開ムーブメントで、子どもも大人も障がいのある子もない子もみんなで遊びました。会場は、ゆうゆうの事務所兼定期教室の場所「ゆうゆうハウス」…、決して広くはない、ビルの一室ではありますが、多様性を包み込むムーブメントプログラムの力と集まった人たちの「あそぼう!」という想いによって、活気ある豊かな遊びの場になりました。

フリームーブメントの後、円座でロープムーブメントを楽しんだあと、一人ひとりお名前を呼んで集団活動へ移行しました。
ダンスムーブメントで元気に動いた後、壁に貼られた冬の星座のイラストを見ながら、イメージを膨らませて、みんなで星の世界へ旅に出ます。
 
短ロープでつくった星の川を渡って…、
IMG_2199.png
スカーフそりで、流れ星になってひゅーんと移動…、
IMG_2212.png
パラシュートムーブメントでは、みんなで乗ってダイナミックな揺れに挑戦。
IMG_2241.png
みんなの気持ちを一つにして、1,2,3!! 天井にぴたっと貼りついたパラシュートがふわっと落ちてきて、子どもたちは大喜び…。
IMG_2243.png
最後は、電飾を使って、ファンタジックな星座の世界を楽しみました。
IMG_2247.png
星座を探す旅…をテーマに遊び心いっぱいの大人たちが、自然と子どもたちの環境となって、一人ひとりの「○○したい」気持ちに応えていました。
子どもたちの年令層もかなりの幅があり、親御さん以外の大人の参加も多かったのもあって、「親子で」…というより、「みんなで」遊んだという実感がありました。

後半は、小林芳文先生による研修講座 『障がいのある子・気になる子のための家族・支援者を支えるムーブメント』 が開催されました。
床に座って子どもたちも遊ぶアットホームな雰囲気の中、小林先生は、まさに「身を乗り出して」熱心にパパママに語りかけていました。

IMG_2269.png
色々な質問が出て、小林先生の答えはもちろん、保護者同士での意見交換も行われ有意義な語り合いの場となりました。
IMG_2283-2.png

そして、この講義の間に、ほっと嬉しくなる場面も…。
赤ちゃんに興味をもってあやす兄弟、それに笑顔で応えるパパさん…、
IMG_2261_2.png
落ち着きがなくなってきたKくんの動きに応えてタッチしてくれる別のベビーちゃんのパパさん…
IMG_2267-3.png
 
小林先生のお話をぜひパパママに直接に聴いて欲しいと企画された今回の催し。一般的な研修会等に小さな子どもや障がい児を連れて参加することはなかなか難しいものですが、特別に「託児サービス」を用意しなくても、みんなで先生の話を聞こう、一緒に語り合おうという気持ちで、無理なく実現したことも興味深いことだと思います。
先生の声に邪魔にならないように…と配慮しながら、あちらこちらで、子どもたちにさりげなく対応する大人たちの姿が見られました。
ほとんどの家族が初めて会った関係なのに、共に遊びの場を共有した経験が、「私の子」から「私たちの子」という意識の変化を自然に生み出しているように感じました。

前半の活動場面から計算すると3時間近く集団で過ごしました。様々な子どもたちが「共に居る」ことを実現するのは、子ども一人ひとりの力だけでなく、環境の力が大きく影響するのだとあらためて実感しました。

最後、プログラムのテーマにちなんで、小林先生から「見上げてごらん夜の星を」の歌のプレゼントに、一緒に歌いたいと前に出てくる子どももいて、みんなにっこり…。
IMG_2284-2.png

個人的には母親としても参加でき、幸せな遊びの場でした。
あらためて、共に集い、遊び、笑い、語り合うことの大切さを感じました。感謝です。
 

 2013年7月2日、川崎市宮前区の「地域子育てセンターすがお」にて、多世代交流型のムーブメント活動によんでもらいました。

 
 
 もともと、この施設では、シルバー世代のボランティアとの交流が盛んだったところに、スタッフの保育士さんが麻生区と和光大学の連携による研修事業でムーブメント教育について学び取り入れるようになったことがきっかけで、地域のおじいちゃんおばあちゃんがサブスタッフとして担い手となる形で行われる多世代交流型の子育て支援の遊び活動が展開するようになりました。

 施設スタッフ、シルバーのボランティアスタッフの皆さんが笑顔で迎えてくださり、スタッフミーティングを行いました。「血圧上がっちゃうわね〜」とか「腰が悪いから注意してやります」とか、おしゃべりしながら一緒に準備してくださいました。そして、開始時刻になると通いなれた雰囲気の親子がどんどんやってきて、フリームーブメントが始まりました。おばあちゃんが赤ちゃんをあやしたり、おじいちゃんや下の子を抱いてくれている間にママがお兄ちゃんと思い切り遊んだり・・・、みんなで子育てに関わる姿・・・、つい最近まで当たり前だったことなのに、都会の子育ての場では見られない関係があちらこちらに自然に生まれていて、あたたかな空気に包まれていました。

 
 集団活動のはじまりは、ダンスムーブメント、走行歩行ムーブメント、そして、お名前呼びと展開し、一本のロープをもってみんなで輪になり「とんとん、まえ〜、とんとん、うえ〜」とロープムーブメントの基本活動を楽しみました。
 

  設定ムーブメントは、「七夕」をテーマにしたサーキットプログラムを楽しみました。スペースマットやロープの道を歩いたり、フープやプレーバンドをまたいだりくぐったり、トランポリンやユランコで揺れの活動を楽しんだり・・・してプログラムを体験して、子どもたちが運んだビーンズバッグが2本のロープの間にたまっていって、「天の川」になっていくように設定しました。
 遊具の活用紹介も兼ねてちょっと盛りだくさん気味のプログラムではありましたが、スタッフの連携がよく、また、一人ひとりに合わせた個別の対応や肯定的なことばがけも自然に行われていて、助かりました。

  

  

 


 

  天の川の風景ができて、彦星役のおじいさんと織り姫役のおばあさんがちょぴり照れて再会するシーンをみんなで喜んだら、お礼にパラシュートが出てきて、最後はパラシュートムーブメントを楽しみました。

 

 活動後のふりかえりの時間、シルバーのボランティアスタッフさんからは、ロープを操作する細かい手の動きの活動は自分自身にとってもよい刺激になった、たくさん動いて爽快だった、役に立てるようにこれからもっと元気でいたい、赤ちゃんを抱くことができて嬉しかった・・・などの感想がありました。最も面白かったのは、普段の自由遊びの活動でもボランティアとして参加しているが、そのときは関わろうとしてもなかなかうまくいかずに関係づくりが難しいけれど、ムーブメントの場合は、遊具を持っていたり、活動の流れを共有したりするので、自然と子どもたちが自分たちに寄って来てくれるので嬉しい・・・という感想でした。ムーブメント教育による遊びの場は、様々な人と人との「共有体験」を促しているのだと再確認しました。

 最近では、高齢者のリハビリテーションや健康維持をねらった「シルバームーブメント」も各地で見られるようになりましたが、今回のような多世代交流の活動は、より元気なお年寄りが子育て支援の場の「担い手」になることで、生きがいや喜びを感じ、まさにムーブメント教育の目標である「健康と幸福感の達成」につながる活動になるでしょう。祖父母と離れて暮らす核家族がたくさんいる都会の子育て世代にとっては、子育ての知恵を受け継ぐ貴重な場にもなっていくかもしれません。

 9月には、卒業生が立ち上げたNPO法人CMDゆうゆうのスタッフが応援に行ってくれる予定です。すがお子育て支援センターのみなさん、これからも応援していきたいと思いますので、ますます楽しんで遊んでくださ〜い!
 
 
 川崎市麻生区では、今年度、「親と子の遊びの会 にこにっこ」と題した遊び活動が各公立保育園で準備されています。2013年6月22日(土)はその第一弾として、上麻生保育園にて地域子育て支援の活動として、親子ムーブメントが実施されました。

 
  この保育園は、昨年度の私の研究協力モデル園として継続的にムーブメントの研修に取り組んだくださった保育士の先生方が4名いて、既に、その先生方がリーダーになって独自の展開を始めていたのですが、今回は、これまでサブスタッフとして支えてくださっていた先生が、メインリーダーデビューでした。ご本人は、初リーダーで、ドキドキなさったそうですが、「さすが!!」・・・でした。
 ムーブメントでは、よく、子どもがその「場に居る」だけで多くの刺激を受けていて、ムーブメントの環境に身を置くこと自体に意味がある・・・と言われますが、大人にとっても同じと感じました。いつもサブスタッフとして活動を支えてくださっていた先生自身が積み重ねの中で自然と色々な力を身につけておられたのだと感激しました。そして、既に、元々チームワークのよい保育園でしたが、さらに、先生方同士で伝え合い、高め合う関係があるのだということも感心しました。


 さて、保育園の先生方は、絵本や童話をテーマにしたプログラムづくりがとても上手です!この日の題材は、子どもたちが大好きな「三びきのやぎのがらがらどん」。

(以前、長男がお遊戯会で「大きいやぎ」をやるはずが病欠した・・・という・・・個人的な思い入れのあるお話で、私自身もわくわくしてしまいました。)
 
 

 
 
 




 フリームーブメントの後に、皆で集合してお名前呼びをして、「このこどこのこ」や「一本橋」などのふれあい遊びを楽しみました。
 そして、テーブルシアターでお話の世界に子どもたちを誘います。皆集中して聞いていました。

20130622_100834.png

  その後は、「小さいやぎ」、「中くらいのやぎ」、「大きいやぎ」になって、はいはいしたり、高這いで移動したり、大股で歩いたりして、歩行ムーブメントを楽しみました。

20130622_101446.png

 

20130622_101537.png

 

 

20130622_101712.png

 

  「よし、もっと強くなってトロルをやっつけよう!」と、サーキットムーブメントに挑戦です。お話の世界のイメージを大事にしながら、「くぐる、またぐ」、「渡る」、「ぶら下がる」の運動課題が盛り込まれたサーキットになっていました。

20130622_102317.png

 

20130622_103255.png

 

 

20130622_103211.png

 

20130622_103716.png

 

 

  サーキットの後は、どれくらい強くなったかな?とパパやママと押し合いっこをして確かめて、いよいよ、トロルがいる橋を渡ることになりました。
 

20130622_104721.png

 

  途中、川の流れをイメージした短ロープをまたぎながら、形板の橋を渡り、魔法の木の実に見立てたビーンズバッグを一つずつもって、トロルに向かって「エイっ!」

20130622_104656.png

 

  「やられた〜」と逃げていったトロルでしたが、「もう、悪いことしないからお友達になって〜」と、草に見立てた緑色の風船をたくさんパラシュートに包んでもってきました。美味しい草を皆で食べて、パラシュートでたくさん遊びました。

20130622_105240.png

 

20130622_105932.png

 

20130622_105256.png

   
 楽しかったね・・・。トロルとも仲良くなったかな・・・?

20130622_111547.png

  少子化や地域コミュニティの崩壊など社会の変化の中で、子育て支援や発達障がい児支援において、公立保育園に期待される役割は益々大きくなってきました。保育士の先生方も専門的な知識を身につけねば・・・と日々悩み努力されています。でも、ムーブメント教育による遊び活動による支援を実践するようになって、「遊びのプロ」としての自信を取り戻すことができたと話してくださり、私も嬉しくなります。

 区の体育館や大学施設で大勢で楽しむ催し的なプログラムももちろん意味はありますが、今回の取り組みのように、少人数で地域の親子が日常的に公園で遊ぶような感覚で、徒歩圏内で気楽に立ち寄って皆で楽しむことができ、「またね!」といって帰ることができる遊びの場がそれぞれの地区にあれば、もっともっといいなと思います。そして、そのためには、地域に根づいた保育園は、最も価値ある財産と感じていますので、引き続き、保育士の先生方と協力して取り組んでいきたいと思います。