Satsuki Laboratory's blog

===============
ようこそ♪
和光大学現代人間学部身体環境共生学科大橋さつき研究室の活動報告ブログです。

「ムーブメント教育・療法」や「ダンスパフォーマンスプロジェクトMerryZome(メリーゾム)」、
研究室、ゼミ生の活動をお伝えしています。

================
About us
↓  Homepage of Satsuki Laboratory ↓ ↓ 和光大学大橋さつき研究室公式HPへ ↓ 

 


〒195-8585 東京都町田市金井町2160
和光大学現代人間学部身体環境共生学科
大橋さつき研究室  (G棟3階313)
Tel : 044-989-7777 +4313
qrcode
  • 遊びを生み出すアセスメント〜MEPA-Rの活用〜
    大橋さつき (01/16)
  • 遊びを生み出すアセスメント〜MEPA-Rの活用〜
    狩野和哉 (01/16)
  • 七夕の世界で遊ぼう!〜岡上こども文化センター親子ムーブメント出戻り版〜
    さ (08/14)
  • 七夕の世界で遊ぼう!〜岡上こども文化センター親子ムーブメント出戻り版〜
    虹の子の森 (08/14)
  • 遊び種〜たんぽっぽ〜 「学生ボランティア団体」表彰式のご報告
    さ (02/22)
  • 遊び種〜たんぽっぽ〜 「学生ボランティア団体」表彰式のご報告
    森正人 (02/22)
  • 森の探険〜公立保育園を拠点とした子育て支援としての遊び活動〜
    さつき (10/10)
  • 森の探険〜公立保育園を拠点とした子育て支援としての遊び活動〜
    重松 (10/10)
  • 遊びがいっぱいの大きな家(乳児院での遊び活動支援)
    さつき (07/17)
  • 遊びがいっぱいの大きな家(乳児院での遊び活動支援)
    虹の子の森 (07/16)
 今年初のブログです・・・。 
 
 随分、遅くなってしまい、今更ですが・・・、謹賀新年・・・

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。

*****
 
 12日には、岡上こども文化センターで、学生たちがリーダーをつとめる親子ムーブメント教室がありました。
 干支にちなんで「へびさんと遊ぼう!」をテーマに、ロープや風船をへびに見立てたり、みんなでにょろにょろ動いてみたり、巨大なへびと一緒に踊ってみたり、楽しい遊びの場でした。

 私も次男坊と一緒に母親としてムーブメントに参加でき、幸せな時間でした。
場を創ってくださる皆さんに感謝です。

PhotoGrid_1358221181841.jpg



 そして、13日は、卒業生が拙宅に集まりました。
 学生時代と変わらず、鍋を囲み、食べて呑んで笑って・・・過ごしていました。
 中には、子どもやお嫁さん・旦那さんを連れてきてくれる卒業生もいて、繋がりが増す「縁」に感謝です。
 確かに学生時代と変わらず・・・と感じる卒業生が目の前で我が子を抱き、しっかり「親」をやっている姿を見ると、なんとも不思議な気持ちでした。(おばあちゃんになった気分・・・!?)
 もちろん、まだまだ、人生右往左往の者もいて、迷いを抱えて、それもよし・・・。君たちはまだまだ若い!
それぞれの立場で、「いま」と「未来」を笑顔で語り合う姿に、元気をもらいました。
 都合がつかなかった人たちも、また次の機会にぜひ。みんな、身体に気をつけて元気に過ごしてくださいね。
 

*****

 今年は「巳」年
 巳・・・の字には、「起こる、始まる」などの意味があり、蛇が脱皮をすることから「復活と再生」が連想できるのだそうです・・・。

 楽しいことがいっぱい起こる、良い年になりますように・・・
  原発・放射能 子どもが危ない (文春新書) という本の中で、小出裕章さんが原発を「弱い人たちを犠牲にするいうシステム」、「強者が弱者を踏みにじる構造」として論じています。

 そこで、紹介されている内容が、昨年、私が関わった公開シンポジウム子どもを育む「環境」の力で仁志田博司先生が話してくださった内容と重なるもので、新鮮な驚きと共に、あらためて、「優しさ」について考えるようになりました。

 仁志田先生が「育む」という日本人の思想についてお話するとき、同時に「やさしさ」とは何かについてもお話されます。

( 昨年度のシンポジウムにおける仁志田先生の講演記録↓
小さなこどもにあたたかい心を育む環境の大切さ
 ―新生児医療の現場から学ぶ PDFファイル (347KB)
・・・・仁志田博司)

そのときに、紹介してくださった小説の引用の一節を、小出さんも同様に紹介されています。

この本の中だけでなく講演でもよく引用されるようです。

 アメリカの作家、レイモンド・チャンドラーの「プレイバック」という小説の一説。

If I wasn't hard,I wouldn't be alive.
If I couldn't ever be gentle, I wouldn't deserve to be alive.

訳すと、

『強くなければ生きられない。優しくなれないのなら生きる価値はない。』

となります。
その他、心に残ったところを抜粋引用してみますと、

・・・略
 それでも私たちはこうして生きている。他者と関わり、世界と関わりながら、生きている。多くの人は、他者のことを思い、他者を大事にしながら生きている。
 ここでいう他者とは、子ども、家族、友達、知り合い、そして地球の裏側に住んでいる名前も知らない人も含めた人間であることは当然ですが、人間だけには限りません。
・・・略
 つまり、相手が人間であれ動物であれ、他の生命と向かい合って生きている。他者の尊厳を認めて生きている。
 もし、人間に価値があるとすれば、そんな現実の「生き方」の中にしかないのではないでしょうか。

・・・略
 「優しさ」としかいえないような何かが、先ほど書いた「他者の命の尊厳を認めて生きる」、さらにいえば「自分よりも弱い者の尊厳を認めて生きる」、そういう「生き方」なのではないか、と私は思うのです。

 もちろん、「優しさ」という言葉は、一人一人にとって、その意味や重さが違ってくるのではないかと思うのですが、自分以上に、生きることに困難を抱えている生き物(いのち)に対して、どんなまなざしを向けることができるのか、そのことが人間の生きる価値だということについては、やはり、しっかり心にとめて考えていきたいと思います。

 3.11以来、当然のことながら、原発のことが気になり、時折、関係する文献などに目を通してきました。幼子を育てる身としては、本当に迷うこと、恐れることだらけで、未だに九州の故郷に子連れで逃げ帰りたいような気持ちになることもあり、そう思うと、なぜここにいるのだろうか・・・と東京で働く現状に疑問を感じることさえあります。

 現実逃避してばかりの自分に情けない思いもしてきたのですが、「やさしさ」や「いのち」という視座に立っていまを見つめていくことならできるかもしれない、やるべきかもしれないと思うようになりました。とことん微力ですが、それでも、現状を受け止めて、自分なりに考え続けて行かねばならないと思っています。

 きっと一生かけても答えがでない問いに向かっているのでしょうが、ようやく、このように思えたことは嬉しい気づきでもあります・・・。


 

  東京大学社会科学研究所の客員研究員キャサリン・テグマイヤー・パクさん(米国セントオラフ大学准教授)がインタビューにいらっしゃいました。
 
 テグマイヤー・パクさんのご専門は政治学で、「高等教育とシチズンシップ」の関係が研究テーマだそうです。

 今回は、日本の大学では、学生が社会活性に貢献できる人になることを、どの程度まで大切にしているのかということをテーマにフルブライト研究員として長期滞在して調査しておられるそうです。

 先月、和光大学のGPに注目され、地域・流域共生センターの堂前先生のところへいらっしゃいました。

 ちょうど、隣でさがまちコンソーシアム大学企画の準備で学生がワイワイやっていた頃で、こちらの活動にも興味を持たれ、ぜひ話を聞きたいとご連絡いただき、では、企画終了後にあらためて…とお約束し、本日やっとゆっくりお話できました。

 特に今回のさがまちコンソーシアム大学学生講師企画を中心に、これまでの学生達の取り組みについての話で盛り上がり、あっという間に2時間経ってしまいました。

 「とても興味深い」、「学生達の話も聞きたい」と言っていただき、自分でやっていることの価値はなかなか自分では解らないもので「シチズンシップ教育」という観点から評価されるとは思いませんでしたが、とても励まされた想いです。

 確かに、「これから先、お父さんやお母さんになったときにきっと役に立つ経験をしたと思う」というような感想を述べる学生もいて、ダンスの活動でも舞踊家やダンス教師を目指して集まった学生ばかりを対象にしているわけでもないし、ムーブメントの方でも、特別支援教育の専門家や保育士の養成コースで教えているのではないし…、

 そんな土壌が、かえって、最首先生が「雑然たる賑わい」と言ってくださる面白い広がりを生んだのかもしれないなぁとあらためて考えました。学生達との出逢いとつながりに感謝です…


 お送りするときに、学科長の野中先生にも紹介したら、また盛り上がってしまい、W学科や大学全体の取り組みにも興味を持ってくださったようです。

 和光大学創始者 梅根悟初代学長が育成すべき人材を「哲学する生活者」と語ったことについても少し話が飛びました。

 ・・・人生の根本を問い直してみる、問いただしてみる、そういうことを私は哲学するという言葉でいいあらわしているのです。…… (本学の場合には)基礎学的な分野が濃厚に置かれていると言ってよろしいかと思います。そのような教師の講義を参考にしながら、自分で物事の本質を突き詰めてみる、徹底的に突き詰めてみる、あるいは友達との話合いの中で突き詰めてみるといったような、個人として、あるいは集団として、哲学することを学ぶ、深く考えてみるという経験をここで積んでいただくということが、私は諸君の年齢にこそ必要であり、また可能な時期であろうと思っています。
(梅根悟『大学は建物ではなく教師である』和光大学HPより)

 タカラモノは実は結構足元にあるのかもしれません…!?

 あと、個人的には、12歳と8歳のお子さんを連れて来日中とのことで、ちょうどうちも二番目が産まれると同じくらいの年齢差の兄弟になると、子育ての話でも盛り上がり、大学教員、研究者という仕事と子育てを異国の地で楽しんでおられるテグマイヤー・パクさん自身にとても勇気づけられました。

 そして、サバティカル期間中ということで充実した研究期間を過ごされているようでしたが、ふと、「私の学生にも会いたくなりました。ちょっとだけだけどね」とつぶやかれたとき、かわいい表情でとても印象的でした 

 またお話したいです。今度は学生達と一緒に・・・。

 教授会のある金曜日はいつも憂鬱です。いつまで経っても大学の長い会議は苦手です…。

 でも、今日はそれでも楽しい一日でした。

 朝は、「遊び種たんぽっぽ」メンバーとさがまちコンソーシアムの事務局のMさんとで企画終了後の確認、最終報告書作成に向けての話し合いがありました。

 アンケートの集計や参加者の感想などを共有して、実り多い時間でした。

 大学と地域が連携して、学生が地域で活躍することの意義をあらためて考えました。

 有り難いことに、施設の方やコンソーシアム側としては来年度の次の企画の話が既に出ているようでしたが、学生達の方は、達成感、充実感に満たされてはいるものの、まだ来年度のことまでは考えられないようで、私ももうちょっとぼーっとさせてやって欲しいとお願いしました。

 なんだかシーズン直後に続投か引退か記者に迫られているオリンピック選手みたいだね…と皆で笑いました…

 それから、たかちゃんがさがまちコンソーシアム大学企画に参加した学生達の感想文をまとめた記事にコメントをいただきました。

「遠くのおじさん」とおっしゃる卒業生の方からです。

「遠く」だけど想いをつなげてくださったことが、純粋にうれしいなって思います。

 あと、今日は、なんといっても、九州にいる弟のところに長女が産まれました。

 会議中に母から携帯にメールが入りました。

 不思議にこの世をのぞき込むような表情で、「貴女もついに出てきましたかぁ、いらっしゃいませ〜っ」て気持ちでニヤニヤしてしまいました。

 孫としては4人目ですが、初めての内孫なので、父もテンションが上がっていました…

 赤子のパワーは、無条件に周りを幸せにしますね… 元気に育ちますように…